断熱材

断熱材
– Insulation –


構造的に断熱性や気密性に優れる2×4工法の基本性能を強化。

遮熱・断熱の家 構造 壁断熱材・天井断熱材・床断熱材

西甲府住宅では、断熱効果の高い断熱材(外周部は吹付硬質ウレタンフォーム)と、開口部の断熱ペアガラスを標準装備しています。
また、振動の強さを弱める「防振吊木」も。
音を吸収し、和らげることができるので、快適な居住空間を維持することができます。

~吹付硬質ウレタンフォーム~

現場で発泡施工するため細かい部分に隙間なく断熱材を充填することが可能です。
接着性も高く、安定した高断熱効果を得られます。

 

現場発泡の吹付断熱

吹付断熱は住宅の隅から隅まで家全体をすっぽり覆ってしまう現場吹き付け発泡による断熱工事です。

無数の細かい連続気泡で構成された硬質ウレタンフォームの特性を大いにいかし、グラスウール10kgの約1.5倍の断熱効果を保持しています。
また透湿性も低く断熱材内部に湿気を通しにくいため、結露を抑制できます。

住まいの大敵である壁体内結露を抑制する事により建物の耐久性を高め、優れた断熱性を維持させます。

室内温度差によるヒートショックも起こしにくい環境。長期間にわたって快適な空間を維持することができます。

 

アクアフォームの特徴

繊維系断熱材にない自己接着力を持っています。

アクアフォームは木材の経年変化にも対応しやすい性質です。硬質ウレタンフォームは隙間なく充填するため、住まいの大敵とされる壁体内結露を抑制します。

また、自己接着力を有する為、下がってしまう心配がありません。
ウレタンフォームには紫外線によっての経年変化がありますが、内外装壁材によって紫外線は壁の内側には入り込めず、長期に亘って安定した性能を発揮します。

 

断熱性能と環境への配慮


住まいの大敵である壁内結露を抑制し、建物の耐久性を向上させる断熱材は、住む人にも環境にも優しくあるべきですよね。
西甲府住宅が標準採用する吹付断熱材「アクアフォーム」は、フロンガスやホルムアルデヒドを発生させず、 長期に亘って安心した性能を発揮します。
生活に直結する大事な部分だからこそ、妥協をせず施工精度と断熱性能の高い素材の選択をしています。

0120-232-042
〒400-0856
山梨県甲府市伊勢4丁目22-1
サンマリーナビル伊勢
TEL 055-223-2211(代)
FAX 055-223-5123